【統合版】最新アップデート配信【4/2】

【マイクラ】ボグドのスポーン場所と特徴!ドロップ・スケルトンとの違い・IDを解説【統合版/Java版】

モブ

ボグドは、沼地やトライアルチャンバーからスポーンするスケルトンの亜種です。

今回は、ボグドのスポーン場所・条件と特徴、スケルトンとの違い・ドロップアイテム・IDについて解説します。

ボグドの基本情報

基本情報説明
振る舞い敵対的
分類アンデッド
体力16( × 8)
攻撃力イージー:2( × 1)
ノーマル:4( × 2)
 ハード:6( × 3)
毒のダメージ3()ダメージ
サイズ(大きさ)【Java版】
高さ:1.99ブロック
横幅:0.6ブロック
【統合版】
高さ:1.9ブロック
横幅:0.6ブロック
スポーン場所沼地
マングローブの沼地
トライアルチャンバー
ドロップ骨、矢、毒の矢
赤色のキノコ
茶色のキノコ
IDbogged

ボグドのスポーン場所・条件

沼地

ボグドは沼地に自然スポーンします。

沼地は基本的に平原や森に隣接しており、海と同じくらいの高さに生成されます。

近くにある海の高さ(Y座標)を調べ、海の周辺平原や森に隣接している場所を探すと見つかりやすいです。

マングローブの沼地

ボグドは、沼地の亜種「マングローブの沼地」にもスポーンします。

マングローブの沼地は、普通の沼地とは違いジャングルや砂漠と隣り合って生成されやすいです。

トライアルスポナー

ボグドはトライアルチャンバーに生成されるトライアルスポナーからも発生します。

トライアルスポナーから発生するモブや、スポーンの仕組みについては以下の記事をご確認ください。

ボグドのドロップアイテム

骨・矢

ボグドが倒されるとランダムで骨、をドロップします。また、ドロップ増加により最大0~5個まで増加します。

アイテム名と個数ドロップ増加
骨×0~2Ⅰ:0~3個
Ⅱ:0~4個
Ⅲ:0~5個
矢×0~2Ⅰ:0~3個
Ⅱ:0~4個
Ⅲ:0~5個

毒の矢

ボグドはプレイヤーが倒した場合のみ、一定の確率で毒の矢をドロップします。また、ドロップ増加によりドロップ確率が最大93.75%まで増加します。

個数は変わりません。

アイテム名と個数確率
毒の矢×1通常:50%
ドロップ増加Ⅰ:75%
ドロップ増加Ⅱ:87.5%
ドロップ増加Ⅲ:93.75%

赤色・茶色のキノコ

ボグドに向かってハサミを使用すると、キノコを2個ドロップします。

アイテム名と個数確率
赤色のキノコ×1
茶色のキノコ×1
50%
赤色のキノコ×225%
茶色のキノコ×225%

ボグドの特徴

「毒の矢」で攻撃

ボグドはスケルトンの攻撃方法とは異なり、毒の矢を放ってきます

命中すると4秒間の毒状態になり、合計で3()ダメージを受けてしまいます。

毒状態になるとハートの色が茶色に変わります。

スケルトンよりステータスが低い

ボグドはスケルトンと比べて、体力は低く、攻撃間隔は長く設定されています。

スケルトンは体力20( × 10)攻撃間隔2秒ですが、ボグドは体力16( × 8)攻撃間隔3.5秒となっています。

防具を装備する場合がある

ボグドはスケルトンやストレイと同様に、装備した状態でスポーンする場合があります。

また、防具や盾などの装備品が落ちていると一定確率で装備する場合があります。

難易度が高いほど落ちている装備品を身に着ける可能性が高くなる上、エンチャント付きの弓や防具を装備した状態でスポーンする可能性も高くなるので注意が必要です。

ボグドのID・コマンド

ボグドのIDは「bogged」です。

また、以下のコマンドを入力することでボグドを1体スポーンさせることができます。

/summon bogged

タイトルとURLをコピーしました