【2023年】マイクラどのハードがおすすめ?全機種を徹底比較してみた

ガチ攻略

マインクラフトをプレイすることができる機種は様々です。
PS4、NIntendo switch、パソコン、スマホ…などなど、沢山ありすぎてどれを購入すればいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、それぞれの機種のメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

MINECRAFT java版(PC版)

元祖マインクラフトと呼べる、一番最初のマイクラです。とあるアップデートにより、switch版やps4版、PE(スマホ)版などを統合したBE(統合)版マインクラフトが生まれ、それと区別するために「minecraft」から「minecraft java」に名前が変更されました。

現在購入できるのは「Java & Bedrock Edition」というもので、区別されてしまったBE(統合)版もなぜか付いてくる破格の内容となっています。(以下で詳しく書いてます)

メリット

簡単にまとめると、

1.MODをダウンロードすることができる
2.様々な有名サーバーで遊ぶことができる
3.統合版マインクラフトが無料で入手できる(←まじでやばいです)
この3点について、詳しく説明していきます。

MODをダウンロードすることができる

まずMODとは、ユーザーが作成したゲームの改造データのことです。これをダウンロードすると、本来マイクラにはないはずのブロックなどをマイクラに追加することかできます。(全くもって違法ではないのでご安心を!)
多くのユーザーがMODを公開しているので、言ってしまえば新要素が永久的に追加されるということになりますね。

様々な有名サーバーで遊ぶことができる

の機種も負けてはいませんが、java版には昔ながらの大規模サーバーが多くあります。
良い例として、ハイピクセルサーバーというものがあります。
プレイヤー同士のガチバトルやミニゲームの種類が豊富なうえに人数も相当数いるため、非常に楽しめるサーバーとなっています。実際私もそこで遊ぶことが多いです(笑)
また、スカイウォーズやベッドウォーズをプレイしているYoutuberがいますが、そのほとんどがこのハイピクセルサーバーでプレイされています。
他の機種と比べてプレイヤーのレベルも相当なものですので、pvp(player vs player)をガチで極めたい人にはオススメのバージョンです。

統合版マインクラフトが無料で入手できる

これがまじで大きい。超オススメポイント。
後述のデメリットは「Java版になくて統合版にあるもの」です。
つまり「無料で付いてくる統合版マインクラフト」で全部どうにかなります!

デメリット

簡単にまとめると、

1.友達同士のマルチプレイに向いていない
2.ゲームコントローラー非対応
この2点について、詳しく解説していきたいと思います。

友達同士のマルチプレイが複雑

他の機種では、アプリを使ってフレンド登録するだけで、switch版、PS4版、PE(スマホ)版などでクロスプレイをすることが可能となっています。
それに対しjava版は、他の機種とのマルチプレイができません。
また、マルチプレイをするにあたって一般のプレイヤーには難しい専門的な操作もあるので、「友達とマルチプレイをすることが購入の目的」であれば、java版はオススメできません。

ゲームコントローラー非対応

マインクラフトjava版は、ゲームコントローラーに対応していません。Joy to Key等のソフトをダウンロードし、それぞれのキーをコントローラーに割り当てるという方法で使うことができますが、スロットバーの操作がうまくいかなかったりと、操作性は良いとは言えません。
マウス&キーボードでの操作が苦手な方は、他のバージョンでプレイした方が良いかも。

一応、Joy to Keyの公式サイトを貼っておきます。

Joy to Key公式サイト:https://joytokey.net/ja/

MINECRAFT 統合版(BE版)

BTU(Better Together Update)によりPE(スマホ)版やswitch版などが1つのバージョンに統一されたことによって生まれたのがマインクラフト統合版です。
マイクラ統合版は様々な機種で遊ぶことができるため、共通して言えるメリット・デメリットをまとめたいと思います。

メリット

簡単にまとめると、

1.簡単にマルチプレイができる
2.クロスプレイに対応
3.それぞれの機種でワールドデータの移行が可能(有料)
この3点について、解説していきます。

簡単にマルチプレイができる

java版でマルチプレイをするとなると専門的な操作(ポート開放等)を行う必要がありますが、マイクラ統合版は専用のアプリでフレンドになるだけで、どこでも自由にマルチプレイを行うことができます。友達と一緒にマイクラライフを楽しみたいなら、統合版を強くオススメします。

クロスプレイに対応

統合版マインクラフトでは、スマホ、PC、switch、PS4、Xbox間でのクロスプレイに対応しています。

Q. そもそもクロスプレイって何?
A. 機種の壁を越えてマルチプレイをすること。これにより、例えばswitchとPS4でのマルチプレイ  が可能なる。
そのため、自分がPE(スマホ)版で友達がswitch版の場合でも一緒に遊ぶことができます。
メリット1と同じように、こちらも友達と気軽にマルチプレイをしたい人にとっては非常に優れている点だと思います。

それぞれの機種でワールドデータの移行が可能(有料)

マイクラに最初から備わっている有料サービスRealmsを利用することで、「PEからswitchへ」など、それぞれの機種でワールドデータの移行が可能となっています。
別の端末で新しくマイクラを始めたいときに、既存のワールドデータを移すことができるのはありがたい機能ですね。

デメリット

共通して言えるデメリットはおそらく一つしかないでしょう。それについて解説していきます。

MODが導入できない

統合版では、MODを導入することができません。無限の追加コンテンツと言っても過言ではないMODを利用できないのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

統合版を買うなら、どの機種がおすすめ?

ここからは「統合版に決めたけど、その中でどの機種を購入すればいいのかわからない…」という方へのアドバイスを簡単にしていきたいと思います。

PE版(スマホ版)

PE版はスマホということだけあって「いつでもどこでもできる」というのが大きな特徴です。また、価格も他の機種が3000円以上するのに対して、PE版は約800円という破格の安さなので、気軽に始めたいならこちらがおすすめ。しかし、本来はキーボード&マウスやコントローラーで遊ぶゲームをスマホ画面一つで遊ぶということなので、操作性は一番悪いといえるでしょう。
とはいっても、慣れてしまえば画面だけでもなんとかなりますし(体験談)、スマホ用のコントローラーを購入するという方法もあるので、そういった点では操作性は気にしなくても大丈夫です。

CE版(コンソール版)

コントローラーでの操作ですので、操作性は全く問題ありません。
そしてゲーム機ならではの大画面でのプレイが迫力満点です。
また、一台あれば、近くの友達と最大4人で一緒に遊ぶことができます。家に遊びに来た友達がもっていなくても問題なし!
しかし、PEと比べて値段がswitch版3960円、PS4(PS5)版2640円と高め。コントローラーやゲーム機も用意するとなるとそれなりにお金がかかるので注意。
余談ですが、switch版に関してはプレイ中にフリーズするとの報告がTwitter等で多く見受けられます。自分もswitch版マインクラフトを持っていて何度かフリーズしたことがあるため、スペック面で見るならWindows10版(後述)にした方が良いかもしれません。

Bedrock Edition for PC版(PCの統合版マイクラ)

はっきり言ってこれが圧倒的おすすめ。なぜなら、統合版に加えてJava版も付いてくるから。
Java & Bedrock Edition」の値段は3960円と少し高いですが、Java版も付いてくることを考えると超お得(今までは両方買うなら6000円以上しました)。
また、様々なテクスチャーパックや、データパックといったMODに近いものをダウンロードできるというのも魅力です。
 

結局、どの機種を購入すればいいの?

最後に、簡単にまとめさせていただきます。

自由度・拡張性、そして気軽にマルチができるJava & Bedrock Edition版(個人的イチオシ!)

統合版だけでいいよ!という人は、
圧倒的安さを誇るPE版
大画面でプレイできるCE版(switchやPS4、PS5など)
最高のマイクラライフを送っていただければ幸いです( ´∀`)bグッ!

  1. […] 新しくマイクラを購入しようとしている方はこちらの記事もチェック! マイクラはどの機種がオススメ?全機種を徹底比較してみた […]

タイトルとURLをコピーしました